体を脅かす高血圧にはサプリメントでストップ!

レディー

善玉菌優位で元気に美しく

錠剤

善玉菌を優位にしよう

近年の研究により、腸が美容と健康に重要なカギを握っていることがわかってきました。腸内細菌は100種を超え、約100兆個もいて、お花畑のように集まって腸内フローラを形成しています。大きく分けると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌にわかれます。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、人にとって有用な働きをします。ウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌は、有害物質を作り、下痢や便秘、老化促進、免疫低下に作用します。日和見菌は、そのどちらかの菌が優勢な方の味方をする働きをします。理想的なバランスは、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割といわれています。善玉菌が優位になる生活を心がけることで、健康を保つことができるのです。それには、善玉菌を直接摂る事と、善玉菌の餌を摂ることで善玉菌を優位にすることです。善玉菌やそれを含む製品、食品をプロバイオティクスといいます。乳酸菌サプリなどでプロバイオティクスを効率よく摂取すると、腸内環境を整えることができるでしょう。

続けることで良好に

善玉菌の餌になるのは、水溶性食物繊維やオリゴ糖です。水溶性食物繊維は、大腸で分解されて善玉菌の餌になるほか、悪玉菌が作る有害物質を排出したり、便を軟らかくしてくれます。オリゴ糖は胃や小腸にある消化液にも強いため、大腸まで届きます。乳酸菌サプリなどと一緒に摂ると、さらに効果が期待できます。乳酸菌は炭水化物を分解して乳酸を作り出す微生物の総称のことで、200種類以上も種類があるといわれています。免疫力を高める効果のあるものや、ピロリ菌を減少させるもの、インフルエンザや花粉症に効果的なものなど、それぞれ特徴を持った有用な乳酸菌があります。人によって腸内の状態は違うので、自分に必要な乳酸菌サプリを取り入れると効果的です。乳酸菌サプリは多くの乳酸菌が簡単に摂れるので短期的には効果が実感されやすいです。しかし、取り入れた乳酸菌が腸に留まることはないと考えられており、効果を持続させるためには摂り続ける必要があります。便秘が解消されないとすぐに諦めないで、継続してプロバイオティクスを取り入れていくと、腸内環境も整えられることでしょう。